技術的お問い合わせに対する簡易回答
 

■アクセスカウンタの取り付け方

 当ページのアクセスカウンタはBIGLOBE会員のためのカウンタ移植解説提供のプログラムを使用しています。
サーバーへの設置自体は簡単ですが、貼り付け部分のタグの記述は少々面倒です(カット&ペーストすれば問題ない)。
 巷の無料アクセスカウンタサービスはサービスが突然うち切られるなど信頼性に欠けるものが多く、極力ご自分のエリアにcgiを設置するか、プロバイダ提供のものや有料のサービスを利用されることをオススメします。
 

■メールデコード、掲示板について

 メールデコード(フォーム)、掲示板はいずれもネットサーフレスキュー[web裏技]配布のCGIを使用しています。
 但し一部の掲示板はメール送信システム等に一部変更を加えています。
設定については同ページの記述が参考になります。FTPによる転送方法、実行権の付け方などに関してはBIGLOBEホームページのマニュアルが大変参考になります。
 

■http://www2c.biglobe.ne.jp/~Seishin/tamcm1.htmページの表示がふらつく

 http://www2c.biglobe.ne.jp/~Seishin/tamcm1.htmは「多摩川サイクリング・マップ」の旧トップページのURLです。従って本来なら廃止しなければならないのですが、既にリンクを張られているサイトが多数であることや、他のメディアでも紹介されたことがある点などを考慮し、転送とフレーム機能をセットにしたもので表示速度を確保しながら現行ページへ自動移行させる方式を採用しています。
 http://www2c.biglobe.ne.jp/~Seishin/tamcm1.htmにアクセスするとまずフレーム機能を使って現行トップページの内容が表示されます。さらに1秒後に旧ページから現行ページに自動的に移行します。
 多くのページではページ移転した場合単なる自動移行にしていますが、閲覧者の接続時間の浪費になることから当ページではフレームを併用しより早く表示出来るようにしています。 

●具体的な仕組み

 タグによる「細工」は.../~Seishin/tamcm1.htmにのみ施してあります。 
 「細工」とは 
1.フレームタグ
フレームを使用しますが<FRAMESET COLS=100%,* BORDER=0 FRAMEBORDER=no>つまり、100%:0%にし、100%の画面に現行トップページを取り込んでいます。
2.METAタグによるページ移行
METAタグRefreshによるページの移行です。
<META HTTP-EQUIV="Refresh" CONTENT="1;URL=tamcm/index.htm">
タグを「品詞分解」するとCONTENT="1(1秒後に);URL=tamcm/index.htm"(tamcm/index.htmへ移行しなさい)ということになります。
注)移行インターバルを0秒後に設定するとブラウザのBACKボタンが効かなくなってしまいます。
     但し、この方式ではtamcm1.htm表示中にこのページからリンク先ページへジャンプすると1秒後に現行トップページに移行してしまうという欠点があります。また、GIF方式のカウンタを使用している場合2重にカウントされてしまいます。

もとへもどる